Ver1.8.3-R1401をリリース。

MusiqNeedの最新バージョンはVer1.8.3-R1401です。

スクリーンショット_2014-02-06_11_18_50-6

今回はアプリケーションの細かなバグフィックスと最新コンテンツを含めたバージョンになっております。バージョンナンバーの確認はプレファランス画面(MusiqNeedの環境設定)でチェック出来ます。リリースナンバーは最初の2桁が西暦の下2桁、残りが「月」の表示になりますので、R1401は2014年の1月のリリース分という事になります。古いバージョンをお使いの方はアップデート対応いたしますので日音ライブラリーまでご連絡ください。

なお、現在ご使用のユーザー様はMusiqNeedの初期パスワードにてダウンロードページに入る事が可能ですので、そちらから最新バージョンのMusicFinderフォルダをダウンロードして今すぐにお使いいただけます。(新譜コンテンツを再生するにはハードディスクの音源データのアップデートが必要です。)

また、MusicFinderフォルダの中のファイル等に問題が生じた場合は、そのファイルをMusicFinderフォルダと一緒に別の場所に保管していただき、このサイトからダウンロードしたフォルダに差し替えてご使用下さい。問題が生じたファイルはこちらでチェックし、データ復旧の必要があれば対処いたします。

詳細は日音ライブラリーまでご連絡下さい。

 

 

カテゴリー: blog

Ver1.8.2でプレイリストのエクスポート/インポートが可能になりました。

細かいバグフィックスとユーザーからの要望を実現した新しいバージョンをリリースしました。

注目して欲しい点はプレイリストデータのエクポート/インポートが可能になった点です。これは以前から「プレイリストパック」としてプレイリストを個別にカタログ化するアイデアから派生した機能です。この機能を使う事で、MusiqNeedを利用している仕事仲間とソングデータのやりとりが簡単に行えると思います。

新機能を解説したPDFはMusiqNeed HDにも同梱していますが、こちらでも閲覧可能です。

いち早くVer1.8.2にアップしたいユーザーはダウンロードページ(要パスワード)からダウンロード可能です。

カテゴリー: blog

Ver1.8.1-R1311がリリース

Ver1.8.1-R1311がリリース。

今月の新譜もCDにしておよそ96枚分、もの凄い増加量です。

BOOST MUSIC PUBLISHINGから「FACTJ」シリーズ、「FLAVA」シリーズが新たに加わりました。

THE SCORING HOUSE(WEST ONE MUSIC)からは、あのTSHシリーズも新譜が登場しています。

その他にWOM、CARLIN、BRUTON、EVO、VL、NM、CHAP、MAT、ATMOS等の御馴染みのレーベルにも新譜が加わり、業務用音楽データベースとしてはさらにパワーアップしています。

その新譜の一部をサムネールで一覧してみました。

R1311-intro

これらの新譜は「⌘+8」で一覧表示が可能(ウインドウズはCtrl+8)ですので、是非とも新譜をご試聴下さい。

 

 

 

カテゴリー: blog

Ver1.8.1-R1310がリリースされました。

MusiqNeedの最新版Ver1.8.1がリリースされました。

コンテンツナンバーはR1310、今回も100枚近い新譜が追加されています。こMusiqNeed Navigatorのダウンロードページからもアプリケーションの最新版をダンロード可能になっています。(Mac/Win両バージョンとも)ダウンロードページはパスワード保護ページなっていますので、ハードディスクに同梱されている「最初にお読み下さい」に記載されているMusiqNeedの起動時の初期パスワードを入力下さい。

ご利用環境やコンピューター等のトラブルによりアプリケーション内のファイルが破損し、MusiqNeedが起動出来ない事例があります。このような場合もこちらのダウンロードページからアプリケーションをダウンロードして入れ替える事で新規にMusiqNeedを起動する事も可能です。

 

カテゴリー: blog

Ver1.8の新機能紹介

Ver1.8がリリースになりました。コンテンツバージョンはR1309で新機能によりさらに使いやすくなっています。その新機能をご紹介いたします。

 

▶アプリケーション起動時のアカウント/パスワードが変更可能に。

従来まで、MusiqNeedアプリケーションの起動時には既定のユーザーアカウントとパスワードが設定されていましたが、Ver1.8からはユーザーによりユーザーアカウントとパスワードの変更が可能になりました。

変更方法は簡単です。Macintoshの場合は「コマンド+9」で「アカウント変更」画面が現れます。(Windows版は「コントロール+9」)

「アカウント変更」ウインドウが現れたら、新しいアカウント名と新しいパスワード、そして確認のためもう一度新しいパスワードを入力して完了です。

次回、アプリケーション起動時には新たに設定したアカウントとパスワードが必要になります。Mac等ではキーチェインに登録しておく様にチェックボックスを選択しておくと、次回からは自動的にログインされるので便利でしょう。

 

▶MusicFinderフォルダをお好きな場所に。(Mac限定機能)

従来まで「MusicFinderフォルダ」はMusiqNeed HDの中、つまり「Contentsフォルダ」と同じ階層に存在する必要がありました。Ver1.8からは「MusicFinderフォルダ」を自由にコピーしてお好きな場所にインストールが可能になります。(Macバージョンのみ、Winバージョンは未対応)

もちろん「Contentsフォルダ」が存在するMusiqNeed HDがマウントしていなければ音楽を聴く事は出来ません。マルチユーザーでMacをご利用の方は、ユーザーそれぞれが個別の「MusicFinderフォルダ」を利用できて、さらにネットワーク共有によるマウントでも利用可能ですので、一台のMusiqNeed HDをネットワーク上の複数の「MusicFinderフォルダ」からの利用が可能になります。ただし、サーバーアプリケーションではないので共有台数はマシンのスペックに依存します。

そして、そのコピーした「MusicFinderフォルダ」のそれぞれに前述したアカウント/パスワードの変更が可能です。

カテゴリー: blog