EIN取得への道


去年の8月にiPhoneアプリをリリースしました。
このときは初回ということもあり、まだ未熟な開発環境でもあったので無料でリリース。しかしながら、そろそろiTunesで有料アプリをリリースしたい!そこでちょっとだけハードルが高いのが「EIN取得」なんですね。

 

EINとは米国での法人番号のこと。個人経営、法人、共同経営、その他の経営形式の税金申告用に割り当てられる9桁の番号で、米国で事業を展開し租税条約の恩恵を受けるためには必要な番号となっている。例えば、法人としてApple社のiPhoneアプリを有償で提供する場合などに取得が必要となる。

思い立ったが吉日だ!早速とってしまおう!


IRS(アメリカ合衆国内国歳入庁)からSS4というフォームをダウンロード、解説はオール英語だが英語には自信アリ。
簡単です。ネットの先人たちの知恵もありサクっと記入を済まし、さあ国際ファックスだ!


これが全然繋がらない……..。


この時はアメリカ時間で朝6時、でも流石にファックスは繋がるだろうとトライ。
しかし全然ダメ。


こうなったらもう生電話してやる!俺にはSkypeOutがあるし、チャージも1500円分残ってる。
IRSの始業時間はam7:00~pm10:00らしいので、アメリカ時間の朝9時位をねらって電話した。


International Applicantの電話番号に自動メッセージで「電話番号が変わりました。新しい番号は〜(英語)」との事。その番号をメモって再度電話。すると今度は、


〜今はクローズだから始業時間帯におかけ直しください(英語)」と自動メッセージ。
おかしいなと思いつつも、「きっと始業時間が変わったんだ」と思い数時間後に電話。


またしても
〜今はクローズだから始業時間帯におかけ直しください(英語)」


こ、これはもしや!
グーグル先生にアメリカの休日を訪ねました。


2011年2月21日、2月第3月曜日は「ワシントン誕生日」祝日。


ワシントンって? グローバーワシントンジュニアか?(そんなわけないw)
アメリカの初代大統領、ジョージ・ワシントンの誕生日で祝日とはね。ガックリです。しかしながらSkypeOutで電話したので5回くらいかけたけど20円もかからなかった。Skypeはホント便利です。

こういう事は先に調べないとムダな時間を費やしますね。またひとつ勉強になりました。

 

今の気分はこんな感じ、酒でも飲みたいな。

この話、長引きそうな予感。

つづく

「EIN取得への道」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 石割会計事務所

コメントを残す