9 Lives Musicの紹介用ムービーを作る。

私たちエントデックミュージックが日本でのサブ出版を担当している英国のミュージックライブラリー、9 Lives Music。全46枚のジャケ写を使って簡単ながらデモムービーを作成しました。

Keynoteでたった4枚のスライドだけど、やはりアップル製品は何をやってもハイセンス、今回はiPod系のCM風を狙って作成しました。

スライドが出来たらH264で書き出してLogicProで音付け、使用した曲は「NLM046 Magic Lights – Anthony Young」 勿論、9Lives Musicの音源。

LogicProから音楽付きでムービーを書きだして動画共有サイトViddlerにアップロード。

Viddlerにアップロードする利点はWordPressプラグインを使うと投稿編集画面にメニューが出てきてワンクリックで選択挿入できるからです。右の写真の映写機アイコンがViddlerのリンク、これをクリックして選択画面が出てきます。とっても便利。

[viddler id-b2174d13 h-370 w-437]

出来上がったムービーがこれ、かなりアップル風です。

使った曲もいい加減に選んだ割にいい曲ですね。

9 Lives Musicはこんな素敵な歌モノも揃ってます。

追記:
Viddlerを使った場合、iPhoneでの閲覧が上手く出来ないので取り敢えずYoutubeを併用します。
このあたりの問題は何方か情報お願いします。

コメントを残す