Keynoteでティーザーを作ってみる。

「ティーザー」って何?って思うかもしれませんが、要するにチラ見せ広告のこと。音楽のデモムービーの事は別の呼び方をするかもしれないが、いわゆる番宣ですね。
さて、今回は素材も何も無い状態で取り敢えずイメージだけを伝える「作品みたいな物」を作りました。これはエントデックのETDKレーベルの音楽紹介用ムービーの試作品で使ったアプリはKeynote。
私はKeynoteの文字のエフェクトが好きなんですよね。誰が作ってもハイセンスになりますから。
ちなみに使われているフォトは既存テーマのデフォールトなので本番は違うフォトに変わる予定です。
[viddler id-d767ac99 h-370 w-437]

プレゼンテーションのアプリもアップル製品となると簡単に見栄えの良いものが出来上がります。
さすがアップル。
そして今回はアップロード場所にViddlerを選択、ここはSoundCloudみたいにムービーのタイムラインにコメントを残せます。WordPressのプラグインを使うと投稿も簡単でムービーにサイドマークも入れることが出来る。とっても便利なサービスです。

次は真剣にプレゼン用スライドをつくってみようかな。

コメントを残す