itunes_golden_ticket

iCloud発表、iTunes Matchは音楽ロンダリング?

 WWDC2011、いよいよ全貌が明らかになったMac OSX LionとiOS5、そして一番の注目はiCloudの様々な機能とサービスだろう。

Apple – iCloud – All your music on all your devices.



そのなかの一つの「iTunes in the Cloud」と題されたサービスは注目だ。

 要するに同一のAppleIDで管理された複数のデバイス間でダウンロードされたコンテンツは共有出来るということ。いまも、過去にiTunesで購入したものは「再ダウンロード」という形で複数のデバイス間でダウンロード可能であった、しかし、今回は自動的にダウンロードされるような設定が可能になる。

そして、一番面白いと思ったのは「iTunes Match」というサービスだ。

 簡単に言うと、このサービスは自分がiTunesで購入したもの以外の楽曲、つまりCDからリッピングしてiTunesに入っている音源をiTunes Music Storeに売っているものと照らし合わせ、同じ曲があれば、iCloud上にライブラリーとして構築出来るということらしい。しかも驚くべきことにiTunes Plusのビットレートの256Kbpsになるのだそうだ。つまり、自分がリッピングしたときに128Kbps等の低いビットレートであっても、iCloud登録時には自動的に256Kbpsの高音質な音源になるらしい。

そしてこのサービスの価格は年間$24.99だそうだ。こんなのアリですか?

 これって、「マネーロンダリング」ならぬ「音楽ロンダリング」ですよね。この価格で、このサービスは素晴らしい、他社と比べても超お得ですね。ちょっと信じられないのですが………。

このiCloudは、サービスの基本料金は無料で5GBのストレージ、今年の秋スタートだそうだ。音楽が256Kbpsにアップできてデバイス同士で同期が出来るなら、年間24.99ドル安いし価値のあるサービスだ。

 だが、ここで一つ懸念する事は、複数のAppleIDで曲やアプリを買ってしまった人はどうなるんだろう?と云う事だ。
 僕自身、多数のAppleIDを持っていて管理に困るケースも多い、しかも個々のIDで購入したコンテンツをひとつのIDに統合する事は不可能らしいので要注意だ。
アップルも、これを機にAppleID管理ツールを出して欲しい、そう感じるユーザーも多いはずだ。

コメントを残す